Cordaトレーニング

Cordaを使ったアプリケーション開発と運用のノウハウをご習得頂けます。
トレーニングはハンズオン形式で提供されますので、
実践的な技術力向上が期待できます。

R3が開発したCordaは、ドキュメントが英語で用意されているため、Cordaを学びたい国内のエンジニアにとって、大きなハードルとなっていました。

弊社SBI R3 Japanでは、このような国内のエンジニア向けに、日本語によるCordaの各種トレーニングコースをご用意しております。

このトレーニングを受講頂くことにより、Cordaの主要な概念を理解し、受講者は開発から導入・運用までのスキルをハンズオンで習得できます。

Corda Bootcamp

  1. 料金    無料
  2. 開催時期  四半期に1回の定期開催
  3. 開催方法  オンライン
  4. 対象者   ブロックチェーンに関心のある技術者・開発者の方、Cordaの開発言語であるJava経験者歓迎です
  5. 内容    Cordaのコンセプト
          Cordaの技術概要(State/Contract/Transaction/Flow)

7月15日に開催されたBootcampの様子 >

基礎コース

  1. 料金
      • 人数により異なりますので、営業担当へご相談下さい。
  2. 開催時期
      • 個別開催となりますので、営業担当へご相談下さい。
  3. 開催方法
      • 弊社エンジニアが直に講義を行いながら、ハンズオンでトレーニングを行います。
      • 会場は企業様のオフィス又は弊社オフィスにてご用意致します。
  4. 対象者
      • Javaでの開発をある程度経験されているエンジニア。
  5. コース概要 
      • CorDappの開発と運用に必要な基礎的内容を学習
  6. 講義内容  
      1. 開発環境(Development Environment)
      2. コンセプト説明 (Concepts to Code)
      3. ステート(States)
      4. コントラクト(Contracts)
      5. トランザクション(Transactions)
      6. フロー(Flows)
      7. ノード (Node)
      8. プラグイン・API (Plugins and APIs)
      9. ネットワーク構成説明
      10. ノード構成説明
      11. ノードの基本的な設定
      12. ノード構築ハンズオン
      13. ノードのネットワーク参加

※カリキュラムに多少の変更の可能性がございます。

開発応用コース

  1. 料金
      • 人数により異なりますので、営業担当へご相談下さい。
  2. 開催時期
      • 個別開催となりますので、営業担当へご相談下さい。
  3. 開催方法
      • 弊社エンジニアが直に講義を行いながら、ハンズオンでトレーニングを行います。
      • 会場は企業様のオフィス又は弊社オフィスにてご用意致します。
  4. 対象者
      • 基礎コースをすでに受講されているエンジニア。
  5. コース概要 
      • CorDapp開発の応用的なトピックについて解説を提供。
  6. 講義内容  
      1. プライバシーとUTXOモデル
      2. FlowとContractの役割分担
      3. デザインパターンとCDL
      4. トークンエコノミーへ向けて
      5. トークンエコノミー後の世界
      6. Corda Settler
      7. Cash Issuer
      8. Token-SDK
      9. Corda RoadMap
      10. 匿名化の技法
      11. データ削除
      12. モックの構成
      13. ノードデバッグ
      14. 単体テスト
      15. アプリアップグレード

※カリキュラムに多少の変更の可能性がございます。

運用応用コース

  1. 料金
      • 人数により異なりますので、営業担当へご相談下さい。
  2. 開催時期
      • 個別開催となりますので、営業担当へご相談下さい。
  3. 開催方法
      • 弊社エンジニアが直に講義を行いながら、ハンズオンでトレーニングを行います。
      • 会場は企業様のオフィス又は弊社オフィスにてご用意致します。
  4. 対象者
      • 基礎コースをすでに受講されているエンジニア。
  5. コース概要 
      • Corda運用に関する応用的な論点に関する解説を提供。
  6. 講義内容  
      1. 各種設定(conf.ファイル、引数、DB関連)
      2. ログ&監視
      3. バックアップ
      4. シェルオペレーション
      5. CE付属ツールの解説
      6. プライベートネットワーク構築ハンズオン
      7. Corda FW
      8. 高可用性構成
      9. HSMも使用
      10. 高速測定

※カリキュラムに多少の変更の可能性がございます。
※運用応用コースは2020年10月からの提供を予定しております。