Corda CBDC

R3が提供する中央銀行デジタル通貨(CBDC)アプリ開発のためのツールをご紹介します。

日本銀行でも銀行券に変わるリテールCBDCの実証実験が開始されようとしています。R3は中央銀行の当座預金に相当するホールセールCBDCで世界中の金融機関と協業して決済あり方を研究しています。R3が提供するCordaを用いたCBDCアプリを開発するためのツールを紹介します。(ツールは2021年中に順次追加予定)

  • ドキュメント
  • サンドボックス

ドキュメント

R3は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行するための技術、方針、影響を把握するために、中央銀行、民間銀行、取引所、テクノロジー企業、決済会社を結集して、CBDCワーキンググループを立ち上げました。ワーキンググループでは、デジタル通貨を実装・使用するために必要な機能、ユースケース、戦略に関して、幅広い調査行っています。調査結果は以下のリンクよりご確認できます。(CBDCに関するドキュメントは順次追加予定)
https://www.r3.com/cbdc-research/

サンドボックス

CBDCサンドボックスでは、次のような機能の検証ができます。

  1. プログラマブル・マネー
  2. アトミックDvP、PvP
  3. 財務レポート
  4. 金利適応、適応金利残高階層
等々
 
上の動画ではCBDCサンドボックスを利用して、次の機能に関するデモを行っています。(現在開発中につき、順次機能が追加される予定です。)
・プログマブルなCBDCの発行
・ホールセール銀行へのCBDC配布
・CBDCの財務ダッシュボード