貿易金融

貿易金融におけるデジタルトランスフォーメーション

貿易金融は依然として不透明で断片化されたプロセスが多く残る業界であり、複数の参加者の間で交わされる紙の処理と取引に多くのコストがかかっています。時代遅れのプロセスは、銀行、輸出入業者、保険会社、輸出信用機関、様々なサービスプロバイダーなど、関係する全ての企業に負担をかけています。コストと運用リスクの上昇に伴い、業界は取引の簡素化、管理の改善、デジタル化のためのソリューションを模索しており、ブロックチェーン技術の恩恵を最も受けることができる業界の一つです。

Cordaを活用した貿易ソリューション

Marcopolo

オープンアカウント取引の効率化と迅速なファイナンスを提供。日本では三井住友銀行がファイナンス提供。グローバルでは35行の大手金融機関が参画。(2020年末時点)

Contour

信用状取引の効率化と迅速なファイナンスを提供。日本では三井住友銀行、グローバルでは27行の大手金融機関が参画(2020年末時点)

Finacle Trade Connect

インド中心の貿易金融プラットフォーム

貿易におけるCordaブロックチェーンのメリット

データの出所は、すべてのカウンターパーティによって可視化され、検証されています。

貿易金融および貿易信用保険ソリューションのプラットフォーム標準化により、世界中の新市場でのビジネスチャンスが生まれます。

Corda Networkを活用して、R3のエコシステム全体の類似した貿易金融ビジネスネットワークに接続し、新たなパートナーシップを促進し、新たな流動性プールを発見し、新たな取引ハブを見つけることができます。

法律に準拠したグローバルな貿易取引の実行に必要な手続きは、スマートコントラクトで自動化可能です。

ビジネスロジックフローのリアルタイム監査により、規制遵守が簡素化されます。

BoleroおよびessDOCSとの提携により、運送業者、貨物輸送業者、検査機関、商工会議所、その他の貿易促進者の最大のネットワークにアクセスできます。