通信

ブロックチェーンで通信キャリア間の非効率を排除する

通信業界は変貌期を迎えています。固定電話や無線通信、通信ソフトウェアベンダー、業界のハードウェアプロバイダーからソリューションプロバイダーまで、通信事業者の市場参加者は、大量のデータ、ロジック、プロセスを管理する必要があります。通信事業者はクラウドと競合していますが、そのプロセスの多くは手作業で非効率的です。その上、清算・決済は時間がかかり、複雑でリスクの高いプロセスです。Tier1キャリアは、お互いに高いエクスポージャーを持つバッチプロセスで、お互いの間で決済を管理しており、低Tierキャリアのデフォルトや支払い遅延のリスクは高い状態です。

ブロックチェーン技術は、通信業界のデジタルトランスフォーメーションに寄与します。ブロックチェーン技術は、5Gネットワーク展開、IoTデバイス管理、エッジコンピューティング機能、キャリア間決済ネットワーク、キャリア間決済の効率化を合理化することで、通信業界を次のデジタル時代へと導きます。

通信事業者間の決済プロセスの自動化する

Communication Business Automation Network (CBAN)

現在、通信事業業界全体の問題は、相互接続市場において透明性、会計責任、自動化が不足しているため、決済、詐欺、ローミングが数十億ドル規模の負荷となっていることです。エンドツーエンドのサービス提供には数週間かかり、面倒な手動プロセスが必要になる場合が多く、不要なコストがかかり、顧客体験が低下します。取引を決済するために複数の互いに知らない当事者間でリコンサイルする必要性は、非効率性、エラー、詐欺の影響を受けやすい環境を生み出します。R3 Cordaはこの問題をブロックチェーンの実装を通じて解決しました。13の世界的な通信業者に対して、キャリア間のビジネスプロセスを自動化し、照合、決済、清算業務から人手を省き、通信プロバイダーに新たな成長と収益機会を提供しました。

通信におけるCordaブロックチェーンのメリット

複数の事業者がデータ、ロジック、レコードを共有できる、安全でスケーラブルで効率的なプラットフォームを提供します。

KYCの合理化、顧客のオンボーディング、清算・決済の改善

アトミックまたは繰延可能なキャリア間決済が可能で、バッチ処理と比較して24/7の交換が可能となり、不払いリスクを低減することができます。

デジタル化を活用してコストをOpexにシフトし、スケーラビリティを実現