不動産

不動産の取引、資金調達を加速させるブロックチェーン

不動産は世界最大の資産クラスでありながら、最も取引が非効率的な資産クラスの一つです。世界的な不動産開発の増加と評価の上昇にもかかわらず、今日の不動産業界は、商業用と住宅用を問わず、流動性資産が低く、ネットワークはサイロ化され、システムは独立しています。

ブローカー、司法書士、弁護士、貸主、登記調査会社だけでなく、買い手、売り手、賃借人も複雑な不動産エコシステムのプレーヤーです。当事者間の信頼関係がなければ、各当事者は独自のデータを保持しなければならず、管理コストがかかり、プロセスが複雑になってしまいます。

ブロックチェーン上の情報は本質的に透明性が保証され、不変で、ネットワーク上のすべての参加者によって検証可能です。システムには信頼が組み込まれています。ヒューマンエラーを最小限に抑え、データへのアクセス性を高めることで、各参加者は取引の正確性に絶対的な信頼を持つことができます。 小売・商業用不動産取引のための単一の事実(single source of truth)を提供するだけでなく、ブロックチェーンは投資プロセスのライフサイクル全体を変革し、支払いや不動産譲渡を合理化し、不動産資産をトークン化し、証書や所有権をデジタル化する能力を提供しています。ブロックチェーンがもたらす変革的なインパクトについて、これほどフィットしている業界は他にありません。

不動産手続きを簡素化する

Coadjute

不動産業界では不動産業者、弁護士、住宅ローンブローカー、および買い手と売り手らで正しい情報を持ちあう必要があるにも関わらず、各プレイヤーがバラバラにデータ管理しており、過大な業務コストと不一致リスクに悩まされていました。不動産業界を変革するCoadjuteは不動産業者、不動産業者、住宅ローンブローカー、貸し手が利用している既存の不動産アプリケーション間をシームレスに統合します。Coadjuteは2019年に、英国を中心に40社を超える企業とNatwestBankが参加するパイロットを実施し、関係者全員のコストと手続きの煩雑さを軽減することに成功しました。

不動産におけるCordaブロックチェーンのメリット

不動産、不動産ファンド、収益源などの非流動性資産を容易にトークン化するツールキットを提供しています。新たなセカンダリー取引市場の創出の機会を得ることができます。

スマートコントラクトによって不動産市場内の異なる参加者を貸し手、仲介業者、マーケットプレイスが提供するサービスに接続することで、第三者の仲介業者を不要にすることができます。

台帳に保存されたデジタルIDにより、住宅ローンの貸し手は信用度を判断し、貸し手と所有者の間で契約を自動執行することができます。

所有権の移転を自動化することができます。

不動産所有者、家主、サービスプロバイダーへのリアルタイムな料金提示や支払いは、Corda上で自動化できるため、手作業での調整を省くことができます。

Cordaは、投資家が不動産を取得するためにトークンやプールマネーを売買するためのツールを提供することで、不動産市場への参入障壁を低くしています。