保険

ブロックチェーンで保険業界のバックオフィス業務コストを極小化する

今日の保険業界は、データソースのばらつきや、大規模な手作業による非効率的な契約締結など、多くの課題に直面しています。さらに、保険金請求プロセスは複雑で、時代遅れの請求システムやプロセスにより、データ突合コストの高さ、損害状況の曖昧さ、決済の遅れが保険会社の高額な経費率を生み出しています。ブロックチェーンは、保険会社が直面しているエンドツーエンドの問題を解決するための理想的なソリューションです。分散型台帳とブロックチェーン技術により、保険業界のエコシステム全体で業務を合理化し、バックオフィス業務から経費率を下げることが可能になります。保険業界におけるブロックチェーンのメリットと最も一般的なユースケースについては、こちらをご覧ください。

Cordaを活用した保険ソリューション

B3i

法的に有効な保険契約をスマートコントラクトとしてCorda上に実装可能。保険金請求の裁定に使用することができます。

Riskstream

The Institutesが主導する米国保険業界のブロックチェーンコンソーシアム。40社以上の損害保険会社及び生命保険会社が参加。業界全体の効率化を目的としており、Canopyというフレームワーク(共通基盤)の上に、多種多様なアプリケーションを実装予定。

Ledgertech

保険金請求プロセスの効率化を目的としたフレームワーク。イスラエルのLedgertech社が開発しており、日本市場への展開も予定している。医療保険の保険金自動請求、自動車保険の保険金自動請求、パラメトリック保険への適用が期待されている。

Statice

SBI日本少額短期保険とコンセンサス・ベイスがCordaをベースに開発。少額短期保険の代理店/募集人管理業務の標準化・簡素化を目的としている。少短会社は他の事業者と共通のフォーマットで、代理店/募集人情報を一元的に管理することが可能

ClaimShare

KPMGとIntellectEUが保険業界での重複支払いを防止するために開発。保険会社間で契約情報を共有することで、被保険者が同一案件の保険金の支払いを複数に保険会社へ依頼する「ダブルディッピング詐欺」を防止。Conclaveにより、顧客の個人データを保護したまま秘密計算により照合。

ChainThat

再保険会社向けのソリューションと請求、決済の簡素化

保険におけるCordaブロックチェーンのメリット

Cordaにより、保険会社、ブローカー、出再者、再保険者のネットワークが安全かつ瞬時に相互作用できるようになりました。

バリューチェーンを横断して資産をシームレスに転送可能。

監査や管理コストに費やすカネ・ヒトを削減します。

法的に有効な保険契約をスマートコントラクトとしてCorda上に実装可能。保険金請求の裁定に使用することができます。