GovTech

デジタル政府を可能にするGovTech

“GovTech “とは、ブロックチェーンを含む、公共部門の機関が使用する技術を指すために使用される用語です。政府におけるブロックチェーン技術は、オープンで透明性の高い協調的なネットワークを通じて、信頼の構築、データの安全性の確保、コストの最小化に役立ちます。 世界各国の政府は、不正行為、無駄遣い、乱用、政府資源の誤管理に悩まされていますが、その原因は、時代遅れでバラバラなシステムや複数のシステムによる非効率性にあることが多くなっています。政府が抱える問題点には、遅くて複雑な不動産登記や移転、流動性へのアクセスが制限されていること、照合による支払いの大幅な遅れ、調達品やサービスの効果的でない追跡などがあります。

Cordaを活用したGovTechソリューション

Sコイン

地方自治体、地域金融機関等と連携し、複数地域でデジタル通貨発行を支援

給付金支援基盤

地方自治体が金融機関へ給付金の給付業務を委託し、金融機関での権利の照合と給付金の給付を可能に

GovTechにおけるCordaブロックチェーンのメリット

中央官庁、地方自治体がより効率的で、対応力があり、社会に貢献できるようになることを可能にする

デジタル署名された契約書や合理化されたID認証など、取引記録プロセス全体の透明性を向上させます。

通貨を元帳上でモデル化し、中央銀行のデジタル通貨がマネーサプライと金融政策に影響を与える

トランザクションに関連するカウンターパーティのみが閲覧できる単一の不変レコードを提供します。