デジタルアイデンティティ(DID)

ブロックチェーンによる自己管理型デジタル・アイデンティティ

デジタル経済の重要な要素として、ユーザーが取引を完了し、オンラインでサービスにアクセスする際に、ユーザーのデジタルIDを収集、確認、管理する能力が高まっています。 企業やデジタル・プラットフォームと個人データや情報を共有するための現在のアプローチは、ハッキングやデータ管理の不備によるプライバシーの脆弱性につながっています。デジタルIDの検証と管理にブロックチェーンを採用することで、個人や企業は自分の機密情報をより直接的に管理できるようになります。 さらに、デジタルIDの収集、検証、管理のライフサイクルに沿ったプロセスは、よりシームレスな認証とより直接的なデータ共有の両方によって合理化されます。Cordaでのデジタル ID のユースケースと成功事例の詳細を参照ください。

Cordaを活用したDIDソリューション

Gemalto

セキュアに自分自身のIDを管理、信頼できるIDのネットワークを構築

Synechron

法人向け自己主権型KYCの実現

everis

法人のオンボーディングプロセスを簡略化、迅速な処理を達成

DIDにおけるCordaブロックチェーンのメリット

データの安全な分散型ネットワークを提供する一方、機密性の高い個人データをオフチェーンで管理します。

ID プロビジョニングのライフサイクル全体を通して認証プロセスを合理化し、ユーザーはどの組織が自分のデータにアクセスできるかを管理および監視することができます。

自立したデジタルアイデンティティと企業のKYCに革命を起こします

エンドツーエンドのデータ暗号化と分散型フレームワークの最小化により、検証済みのアイデンティティへのアクセスを簡素化