キャピタルマーケット

資本市場と金融テクノロジーにおけるブロックチェーン技術の進展

近年、資本市場や金融サービスでは技術的な進歩が見られますが、様々な資産タイプのライフサイクルの大部分は制約やエラー処理が発生しやすく、非効率的な状態が続いています。これらの課題と、既存および新規の市場参加者に対する規制上の負担の増大が相まって、ソリューションの必要性が高まっています。

資本市場、銀行、融資、取引所、その他の金融サービスにおけるブロックチェーン技術は、ライフサイクル全体にわたってこれらの非効率的なプロセスを排除することができます。ブロックチェーンや分散型台帳技術(DLT)を採用して資本市場やフィンテックを変革しようとする動きは強く、顧客が取引や投資を行う規制上の事業体を通して、機関投資家の投資に対する需要の高まりに対応しています。

最近の資本市場におけるブロックチェーン/DLTベースのフィンテックソリューションの革新と採用の増加は、発行から流通市場での取引、取引後の管理に至るまでのライフサイクルのあらゆる部分において、消費者への価値の向上という点で大きな意味を持っています。

 

Cordaを活用したキャピタルマーケットソリューション

Nasdaq

デジタル資産の発行から取引、管理までのライフサイクルを提供するプラットフォーム

SDX

規制対応したデジタル資産取引所のプラットフォーム

Spunta

イタリア銀行協会による銀行間データ転送と銀行間決済の高速化

SBI Liquidity Market

FXにおけるコンファメーション処理を自動化

agora

債券の End to Endのライフサイクルを管理

HQLAx

信頼できる第三者が保管する有価証券バスケットの所有権移転をリアルタイム管理。流動性と担保管理の最適化と業務の効率化およびコスト削減を実現

キャピタルマーケットにおけるCordaのメリット

レジリエンス、スケーラビリティ、セキュリティ、統合性が要求される高度にミッションクリティカルな環境向けに特別に設計されています。

元帳上で処理・管理されたデータのプライバシー、完全性、真正性は、そのライフサイクル全体を通じて維持されます。

分散型の性質により、「単一障害点」がなく、プラットフォームすべてのエンドユーザーへの高品質なサービスが保証されます。

スマートコントラクトソリューションを活用し、取引の検証と実行が可能な媒体を提供することで、資産のライフサイクルに渡るプロセスの簡素化を実現します。

開発ツール紹介