CTIA、百笑市場とSBIホールディングス、ブロックチェーン/分散台帳技術を活用した米の「出荷」プロセスにおける業務効率化にかかる実証実験を開始

当社(本社:東京都港区、代表取締役社長:北尾 吉孝、以下「SBIH」)と、株式会社CTIA(本社:大阪府大阪市、代表取締役:手塚 満、以下「CTIA」)および株式会社百笑市場(本社:茨城県下妻市、代表取締役:染野 実、以下「百笑市場」)は、2020年7月より、ブロックチェーン/分散台帳技術を用いた「サプライチェーンプラットフォーム」を通して、百笑市場が流通させる茨城県産米の「出荷」プロセスにおける情報共有や業務効率化にかかる実証実験を開始いたします。

農作物のサプライチェーンでは、参加する生産者、卸問屋、物流、加工、倉庫、貿易、国内・輸出先小売店などの各組織に、生産、輸送や在庫計画が別々に計画・管理されていることが多く、急激な需要変化が起きた場合にサプライチェーン全体の動きに大きな負荷が掛かることや、紙やFAXなどによる非効率なオペレーションなど、様々な問題や課題を抱えています。

そこで本実証実験では…

続きはこちら